■Oリングの材料特性と選定
:使用可
:特定の場合を除いて使用可
:やむを得ないとき以外使用不可
×:使用不可
注意)この特性一覧表は、あくまで目安としての参考値ですので保証するものではありません。実用試験での確認をお勧めします。
        区分
潤滑油
作動油
燃料油
薬品
気体
その他
区分
JIS記号
ゴムの種類
(ASTM略語)
特徴






|

















|






|



|



|

|



+








+



|











|



|
































20


30


10



|

|
30








C2



|







|



L
P
G











22















10-4
mm
Hg


10-4

10-9
mm
Hg



JIS B 2400 1種A ニトリルゴム
(NBR)
最も一般的な材料で優れた耐油性と耐磨耗性を有し、また安定した耐熱性をもつ材料です。(Hs70)
×
×
×
×
×
×
 
JIS B 2401 1種B ニトリルゴム
(NBR)
1種Aとほぼ同等な特性を有し、1種Aよりも硬く耐圧性に優れた材料です。(Hs90)
×
×
×
×
×
×
 
 
JIS B 2401 2種 ニトリルゴム
(NBR)
灯油、軽油等の燃料油に優れた耐油性を有する一般燃料用材料です。
×
×
×
×
×
×
 
 
JIS B 2401 3種 スチレン
ブタジエンゴム
(SBR)
エチレングリコール、ブレーキ油等の植物油に優れた特性を有する材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
     
JIS B 2401 4種C シリコーンゴム
(VMQ)
優れた耐熱性、耐寒性を有し、広い温度範囲で優れた圧縮復元性を有する材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
   
JIS B 2401 4種D ふっ素ゴム
(FKM)
最も優れた耐油性、耐熱性を有し、広範囲に使用できる材料です。
ケトン・エステル・アルカリ・アミンには弱い。
×
×
JASO F 404 4種E アクリルゴム
(ACM)
ニトリルゴムより耐熱性、耐油性を有し、特に高温の油に耐える材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
     
JIS K 6380 BII710 ニトリルゴム
(NBR)
1種Aとほぼ同等な特性を有し、JIS K6380 B II 710規格に適合する材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 
 
JIS K 6380 BIII710 クロロプレンゴム
(CR)
耐候性、耐油性には優れた特性をもった材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
     



EPDM-70°   エチレン
ポロピレンゴム
(EPT)
耐候性、耐オゾン性、耐熱性、電気的性質、に優れた材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
     
EPDM-70°
(MK-241)
  エチレン
ポロピレンゴム
(EPT)
通常EPDM-70°配合と比較して、耐薬品性および使用温度範囲の優れた材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
   
IIR-70°   ブチルゴム
(IIR)
耐薬品性に優れた材料で各種気体を透過しにくい材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
 
VMQ-50°   シリコーンゴム
(VMQ)
4種Cとほぼ同等な特性を有し、4種Cよりも透明性に優れた材料です。
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
   
FKM-70°,80°   ふっ素ゴム
(FKM)
4種Dより薬液性や、スチーム等の加水分解性に優れた材料です。
×
×
×
×