アクリル MCナイロン 超短納期・小ロット対応を安心価格で。東京都内-台東区


サイト内検索  サイトマップ   リンク
 

トップページ > プラスチック素材

□ プラスチック

各種プラスチック物性一覧    

■フッ素樹脂 フッ素樹脂詳細

 

特長
 化学薬品に対する耐久性(耐薬品性)、プラスチックとしては高い耐熱性、非常に低い摩擦係数、など多くの優れた特性をもったプラスチックです。
 原材料色は純白で柔らかいプラスチックです。増強するためガラスやカーボン繊維を混入させると色はグレーとなります。

 
主な使用用途

 耐薬品用途、食品用途、スライディングパッド、フライパンやアイロンの焦げ付き防止剤
フッ素樹脂チューブ
フッ素樹脂板
フッ素樹脂丸棒
フッ素樹脂テープ
フッ素樹脂パイプ
フッ素樹脂スライディングパッド
各種フッ素樹脂特性一覧
     

■MCナイロン

 
■特長

主原料ナイロンモノマーを大気圧下で重合・成形される“MC”ナイロンは、従来の射出成形や押出品にはない優れた特長を持っています。

1.高い機械的強度
機械的強度、耐久性に優れています。
2.優れた耐摩耗性・自己潤滑性
軸受けや修道部品など、ある程度の機械的強度を必要とし、潤滑油を嫌う用途に最適です。機械的ノイズの発生も低減できます。また、摩擦係数が低いので相手材を傷めません。
3.連続高温使用に耐える
連続使用120℃で使用可能(一部のグレードでは150℃)
4.薬品に強い
有機溶剤、油脂、アルカリ性薬品に侵されない優れた耐薬品性を持っています。
5.軽量で取扱いが容易
比重は金属に比べ約1/6〜1/7。軽量で作業性が高まります。また、動力への負担も軽減します。

注意事項

吸水性 ナイロンは高湿度または水中使用環境においては吸水し、寸法が増加(max 2%)しますので、このような使用環境での使用にあたっては、当社技術資料をご参照の上、適切な設計を行って下さい。
食品衛生適合 食品衛生法に適合させるには、沸とう水に1.5時間浸漬した後ご使用下さい。

MCナイロン概要


     

■アクリル樹脂

 

アクリル樹脂取扱上の注意

     

■ポリプロピレン

   
     

■超高分子ポリエチレン

   
低い摩擦係数 高い自己潤滑性と低い摩擦係数はフッ素樹脂に近い

耐摩耗性

非常に優れた耐摩耗性を持つ。フッ素樹脂やナイロンの数倍
耐衝撃性 耐衝撃強度、耐ストレスクラッキング性はあらゆるプラスチック中最も高いレベル。
耐薬品性 一部の有機溶剤、強酸以外、優れた耐薬品性を持つ
非吸水性 吸水性も極めて小さい。0.01%以下
低温特性 マイナス100℃以上の極低温域でも使用可
無毒性 食品・医療分野に適合

超高分子ポリエチレン概要

   
     

■ポリエチレン

   
特長

 最も私たちになじみが深いプラスチックと言えます。
ポリエチレンの最大の特徴は、原料値段が安く、成形しやすく、多用途に向く樹脂であるということです。また比重の違った製品が自由に作り出せます。
 一般に中・低圧のものは高圧のものより硬く、軟化温度も高いのが特徴です。しかし軟質のもので比重は0.92、硬質のもので0.95と、いずれも水に浮く軽さです。
マッチで火を付けると煙を出して燃えるほど熱には弱いですが、寒さには強くマイナス20℃くらいまでなら耐えられます。また吸水性がほとんどないため、防水性は抜群です。
 電気の絶縁性・耐油性は良い反面、接着性や印刷効果が悪く、太陽光線や紫外線に弱いという弱点もあります。
主な使用用途

 耐油性・耐溶剤性を利用して容器やビン類、食品容器や包装用フィルムに多く用いられています。そのほかに比重の軽さを活かしてポリバケツや大型容器等にも使われています。
     

■ポリアセタール(POM)

   
     

■ポリカーボネート

   
   

■ポリ塩化ビニール

   
   
Copywright(C)2010 Sanki Industrial Co.,Ltd.